食べたものを毎日記録する、ただそれだけのコーナー。


記録している人=三星舞
熊本在住の編集者、ライター。時々フードコーディネーター。2月が怒涛のように過ぎ去り、気づけばもう3月。寒いとやる気が出ないし暖かいと気が緩んで困っちゃいます。

2021年3月31日(水)

今日で3月もおしまい。
明日からは4月だなんて、時の流れはあっという間です。
日中はずいぶん暖かくなり、犬たちも過ごしやすそう。
春は苦みと酸味を積極的に取ると体によいとどこかで聞いたので、ピクルスを作りました。
ピクルス液にクミンシードとローリエ、ピンクペッパー、赤唐辛子を加えてちょっと大人の味に。
なぜこの3つを選んだのかというと、ちょうど台所にあったからというだけの理由です。

*今日のおすすめ商品

伊藤菜衣子さんの春色ピクルスレシピ掲載
|九州の食卓2016年春号|
2021年3月30日(火)

宮崎出身なので、チーズ饅頭を見かけるとつい買ってしまいます。
この「御代志チーズ」は合志市の菓子店『ブルービー』のもの。
生地はしっとりフワフワしていて、中にチーズキューブが入っています。
2021年3月29日(月)

先週、熊本市北区の「TORTUEpain」へ行きました。
人気のベーカリーらしく、11時頃ですでに品薄状態。
選択肢が少ない中で適当に選んで買ったパンがそれはそれはおいしかった!
ということで、また買ってきました。
「五色米パン」という名前で、赤米や緑米などが生地に練り込まれているそうです。
もちもちとした食感で、生地にうるおいを感じます。
食べるほどに喉が渇く系ではなく、ご飯党の私ですら夢中になるおいしさです。
どうしてこんなにしっとりモチモチなのでしょうか。
2021年3月28日(日)

島らっきょうが出回り始めると、いよいよ春も本番だなぁと感じます。
天ぷらにするとシャクシャクの食感と独特の香り、ちょっとした辛味がたまりません。
旬が過ぎてしまう前に、あと1回は食べたいメニューです。

*今日のおすすめ商品

レシピ満載の巻頭特集「春を食べる」
|九州の食卓2016年春号|
2021年3月27日(土)

スーパーのイベントで、国産の牛ももかたまり肉がグラム198円でした。
赤ワイン煮にしようかと思ったのですが、暖かくて煮込みの気分になれず、ローストビーフを作りました。
厚手の鍋で全面をこんがりと焼いて、そのまま鍋の予熱で火を通します。
だんだん冷たい料理がおいしく感じる季節になってきました。
2021年3月26日(金)

帰宅途中にかるべけいこさんのドーナツをふと思い出し、猛烈に食べたくなってしまいました。
そこで、水前寺駅そばのあげぱん専門店、その名も「アゲパンヤ」へ寄ることに。
私はここのあげぱんが大好きで、これまでに50個以上は食べていると思います。
きなこ、シナモン、ガーリックなどから味が選べるのですが、選ぶのはいつもきなこ。
生地は、外側はサクッと軽い歯触りで、中はもっちもち!
甘さもほどよくて、何個でも食べられそうなおいしさです。

*今日のおすすめ記事

|かるべけいこさんのドーナツレシピ|
2021年3月25日(木)

白いちごの「淡雪」を買ってみました。
なんとこのいちご、鹿児島の志布志生まれなんだとか!
九州発のいちごの品種ってたくさんあるんですね。
控えめな甘さで、酸味はほとんど感じません。
いちごサンドにしても可愛いだろうなと思いながらも、そのまま食べ尽くしてしまいました。

*今日のおすすめ商品

細川亜衣さんのいちごサンドレシピ掲載号
|九州の食卓2016年春号|
2021年3月24日(水)

豚の肩ロースがブロックで特売でした。
というわけで、今日は煮豚です。
なにしろ今月は暇で時間だけはあるため、じっくり煮たらとろんとろんの食感に。
とてもおいしかったので、また作ろうと思います。
2021年3月23日(火)

ふと、握り寿司が食べたくなることってありませんか?
近くにおいしい寿司屋があれば駆け込むけれど、残念ながらありません。
だからといって宅配寿司はちょっと味気ないなぁ~。
そんな時には海鮮ちらしを作ります。
握り寿司ほどハードルが高くなく、宅配寿司よりはちょっと特別。
酢飯を作って、卵を焼いて錦糸卵にして、あとは刺身用の魚をのせるだけ。
酢飯を冷ます時間さえあれば簡単にできて、しかも好きな魚を思う存分味わうことができます。

*今日のおすすめ商品

かるべけいこさんのちらし寿司レシピ
|九州の食卓2015年春号|
2021年3月22日(月)

水俣みやげの「美貴もなか」。
薄い最中でたっぷりの粒あんを挟んであります。
「美貴もなか」はおみやげで何度もいただいているのに、お店に行ったことがまだ一度もありません。
住宅街にあるのに、お客さんが絶えないのだとか。

今日はなぜだか佐世保の「ブルースカイ」のハンバーガーをふと思い出しました。
あの店もひっそりと営業しているのに、次々とお客さん(それも結構な酔っ払いたち)がやってきて、ハンバーガーが飛ぶように売れていました。

*今日のおすすめ商品

吉本由美さんと「ブルースカイ」へ行きました
|九州の食卓2014年秋号|
2021年3月21日(日)

しいたけがたくさんあったので、フリットにしました。
衣の材料は小麦粉と炭酸水、塩だけなので、天ぷらよりも軽く感じます。
そのため、つい食べすぎてしまいます。

*今日のおすすめ商品

藤清光さんによる「長崎天ぷら」レシピ紹介掲載号
|九州の食卓2014年年夏号(完売)|
2021年3月20日(土)

宮崎出身だからでしょうか。
真空パックの地鶏の炭火焼きを見ると、つい買ってしまいます。
湯煎でじわじわとあたためてから、柚子胡椒をつけて食べます。
電子レンジで加熱するよりも、湯煎の方がずっとおいしいように感じます。
2021年3月19日(金)

中国の菓子、月餅です。
中には黒ごまあんがぎっしり詰まっています。
台湾の茶器と、植木の玄窯の粉引き皿、ステンレスプレートと合わせたらなかなかいい感じ。
可愛いくて、しばらく眺めてから味わいました。
2021年3月18日(木)

ずっと気になっていた『農家のおにぎり ichi kara juu』に立ち寄ってみました。
白川公園近くにあるおにぎり専門店です。
店主の方が自家栽培の米でおにぎりを作って販売しています。
塩おにぎりか玄米おにぎりが選べ、具を梅干しや鮭、からし明太子などから選ぶスタイルです。
煮卵や、ひばり工房のハムなんていうちょっと珍しい具もあって、しばらく悩んじゃいました。
結局選んだのは、玄米おにぎり、阿蘇高菜入り。
注文してからにぎってもらえて、あたたかくて幸せ。
米の購入もできるそうです。
2021年3月17日(水)

このクロワッサンをじっと見ていたらウルトラマンを思い出しました。
小学生低学年の頃、特にウルトラマンファンというわけではなかったのに、あの決めポーズをかっこいいと思っていて、校庭で一人で練習していたことも思い出しました。
顔から火が出るほど恥ずかしいです。
2021年3月16日(火)

冬に柘榴でシロップを作っていたのですが、これがどう見ても失敗作。
美しい鮮やかなルビー色に仕上がると思ったのに、なんだかどす黒くなってしまったのです。
原因は、腐敗防止にと加えた酢。
米酢を加えるつもりが、黒酢を加えてしまい、あっと思った時には全体がどんよりと黒っぽくなってしまったのでした。
そのため飲む気になれず、かといって捨てるのももったいなくて、冷蔵庫で熟成させること数カ月。
このままではいけないと開封し、炭酸水で割って飲んでみました。
予想よりも黒酢の香りが強く、健康になれそうな味に仕上がっていました…。残念。
2021年3月15日(月)

ちょっと落ち込むことがあったので、カラフルなものが食べたくなりました。
名残の金柑と、旬のいちご。
いちごはずいぶん価格が落ち着いて、直売所には加工用の小粒なものが格安で並んでいました。
なんだか突然暇になってしまったので、ジャムでも作ろうかなぁと思います。
2021年3月14日(日)

先日、しらすが大きなパック入りで298円で売られていました。
すごくお買い得だけど…こんなに食べ切れるだろうか…。
と悩んで、半分はしらす丼にして、残りはアヒージョにしました。
厚手の鍋にしらす、にんにく、青とうがらしを入れて、ひたひたにオリーブオイルを注いで弱火で煮るだけ。
このしらすはきつめに塩が効いていたので、調味料は加えませんでした。
こうして火を入れておけば少しは日持ちがするので助かります。
今日はブロートハオスのおいしいバゲットと一緒に食べました。
2021年3月13日(土)

コンビニでピンク色のいちごサンドが売られていたので買ってみました。
ピンク色は紅麹の色素だそうです。
春らしい見た目で気分が明るくなりました。
2021年3月12日(金)

どんどん暖かくなるので、暑くなる前に!とおでんを作りました。
今回は昆布とかつおでだしを取って、牛すじを煮て脂を取り除いたスープと合わせてみました。
タネは、牛すじ、だいこん、たまご、糸こんにゃく、たこ、はんぺん、ごぼう天。
次のおでんは秋までおあずけ…の予定です。
2021年3月11日(木)

今年初のたけのこ。
直売所で「朝採れ」と売られていて、お店の方に相談したら収穫してまだ数時間しか経っていないからアク抜きせずにそのまま食べられるとのこと。
なので皮をはいで、そのままだし汁の中へ。
水煮のたけのこよりも食感がシャキッとみずみずしい!
「朝採れ」のたけのこはお昼すぎには売り切れてしまうそうなので、見つけたらまた買いたいです。

世界のどこで何があっても、春は毎年やってくるんだなぁとしみじみ思いました。
2021年3月10日(水)

またスコーンを焼きました。
今度は小さめの菊型で抜いて、ひと口サイズに。
ぽい、ぽい、と口の中に消えてしまって、このサイズはよくありません!
気づいたらすごい量を食べてしまっています。
2021年3月9日(火)

一昨日、久しぶりに徹夜をしたら疲れが取れません。
昔は徹夜が何日続いたってあんなに元気に働けていたのに…。
そんなわけであまり食欲もなく、今日はねぎしらす丼を食べました。
しらすに刻みねぎとすりごま、ごま油と少しの塩を加えて混ぜ、ご飯にのせて、卵の黄身をぽとり。
なんだか元気が出そうな味です。
2021年3月8日(月)

暖かくなったからなのか、冷た~いトマトがおいしいです。
私は毎日食べたいくらいトマトが好きですが、ただ切っただけのトマトを食卓に並べるのも気が引けて、いろいろなアレンジをしています。
それでもやっぱり10日も続くと「もう、しばらくトマトは食べたくない」と言われてしまうのですが…。

トマトの中華風あえもの
1.トマトはくし切りにする。小ネギは長さ4cmに切る。ザーサイは粗く刻む。
2.ボウルに①を入れ、塩少々をふって冷蔵庫に30分ほどおく。
3.トマトから果汁が出たら、ごま油を加えて全体をあえる。味をみて、物足りなければしょうゆで味を調える。
2021年3月7日(日)

直売所で「超人気!」「数量限定!」と貼り紙がされていた蒸し牡蠣の握り。
このところ牡蠣に対する警戒心がすっかりなくなっているので、買ってみました。
穴子の握りのような甘辛いたれをまとわせた蒸し牡蠣は意外なおいしさ。
牡蠣にはしょうゆと柑橘だ!と思っていましたが、甘辛だれもなかなか合います。
2021年3月6日(土)

ご飯にかける系の料理って、カレー以外はあまり作ることがありません。
親子丼やかつ丼は好きではないし、ハヤシライスやルーローハンも作らないなぁ…。
そんなことを考えて、たまにはと、ビーフストロガノフを作ってみました。
レシピは上田淳子さんのものを参考に。
デミグラスもフォンドボーも使わずに作ることができて簡単でした。
2021年3月5日(金)

じゃがいも「インカのめざめ」と、塩漬けにした豚ばら肉があったのでコラボさせてみました。
器は佐賀の渓山窯さんの染付渕線角皿です。
15センチ四方と使いやすいサイズで、最近よく使っています。

じゃが塩豚
1.インカのめざめは粉ふき芋にする。
2.塩漬けの豚ばら肉(スライス)は、食べやすい大きさに切る。
3.フライパンに菜たね油を熱し、②を炒める。豚の脂が出たら①を加え、ざっと混ぜる。味をみて、物足りなければ塩で調える。
4.皿に盛り、刻んだ小ねぎを散らす。
2021年3月4日(木)

豚ひき肉に刻んだサルシッチャを加えてミートソースを作りました。
ちょっと贅沢ですが、やっぱり普段のミートソースよりも旨みが強くておいしい~。
スパゲティかペンネかフジッリか、悩みに悩んで、結局オレキエッテにしました。
2021年3月3日(水)

近ごろちらほら見かけるようになったいちごの新品種・恋みのり。
パッキリとした赤色で、香りがとても良いです。
果肉がしっかりとしていて果汁は多め。
というわけでパール柑とサラダにしてみました。

柑橘といちごのサラダ
1.パール柑1玉は薄皮から実を取り出す。食べやすい大きさにちぎってボウルに入れる。この時出た果汁もボウルに集めておく。
2.紫たまねぎ10gはみじん切り、ラディッシュ3個といちご8粒は薄くスライスして①のボウルに入れる。
3.②に塩少々を加えてざっと混ぜ、30分ほど冷蔵庫に置く。パール柑といちごから果汁が出たら器に盛り、黒こしょうを挽く。
2021年3月2日(火)

新型コロナ感染症拡大の影響でリモートでの打ち合わせや取材が増え、外で仕事をする機会がめっきり減りました。
そうなると食材を買うためだけに外出するのが面倒になってきます。
だって外出するならそれなりの服装に着替えなければいけないし、メイクはしなくても日焼け止めは塗りたいし、花粉は飛んでいるし…。
というわけで今日のお昼は冷凍食品の皿うどんで済ませました。
自家製の生姜梅酢漬けをたっぷり添えて、デザートに恋みのりをスタンバイ。
パリパリ、もぐもぐ、シャキシャキと食べているうちに、吉本由美さんと観に行った「長崎くんち」を思い出しました。
あの日二人で食べた一皿の皿うどん、とってもおいしかったなぁ~。

*今日のおすすめ記事

なぜ一皿を二人で分け合うことになったのか? 真相はこちら…
|「吉本由美のヤッホー! 愛しの九州」長崎編|
2021年3月1日(月)

なんだか無性にチョコレート入りのスコーンが食べたくなりました。
スターバックスに買いに走れば楽ちんだけど、費用を考えると手作りの方が断然お時。
う~んと悩んで自分で焼くことにしました。
材料は薄力粉とベーキングパウダー、砂糖、太白ごま油、牛乳、チョコレート。
ぐるぐる混ぜて焼くだけなのでとても簡単です。