食べたものを毎日記録する、ただそれだけのコーナー。


記録している人=三星舞
熊本在住の編集者、ライター。時々フードコーディネーター。2021年の目標は、とにかく健康でいること。年明けから予定がびっちりなので、頑張るためにも体を大切に! よく食べてよく寝て、なるべく運動するようにします。

2021年1月31日(日)

半端に余ったカブをスライスして、サラダにしました。
ドレッシングは取材先でいただいたたまねぎベースのもの。
カブのさらっとした甘みとたまねぎのコクのある甘みの組み合わせです。

1月が怒涛のように過ぎ去っていきました。
こんなに気の張り詰めた1月は受験生時代以来かも…。
なぜか頭の片隅でずっとサンシャイン池崎さんが叫んでいました。
2021年1月30日(土)

先日作っておいしかったチリ大豆をレシピ化すべく、また作ってみました。
煮汁ごと冷凍しておいた大豆の水煮で作っても問題なくおいしくできました。
乾燥大豆は日持ちするし、煮るのも簡単なので、いろいろなレシピを試してみたいものです。
チリ大豆はゆで卵ととても相性がよくて、ビールのおともにもってこいだと思います。
2021年1月29日(金)

ギブアップです。
もう疲れがピークに達して、夕飯を作る気力がありません。
そこでウーバーイーツを注文してみました。
うんうん悩んで、鶏料理の店を選択。
鶏皮ぽん酢や地鶏の炭火焼きを届けてもらいました。
外は寒いし、私は疲れているし、なんてありがたいシステムなのでしょう。
鶏皮ぽん酢はかぼすを添えて一味唐辛子をふって食べました。
自宅で居酒屋気分です。
2021年1月28日(木)

また寒くなって、体がちぢこまっています。
野外での取材では、これ以上短くなりませんってくらい首をちぢめて亀のように歩いています。
だからでしょうか、ちぢみほうれん草を見かけるとつい買ってしまいます。
ふつうのほうれん草よりも葉が肉厚で、食べ応えがあるので好きです。

ちぢみほうれん草のオイル蒸し
1.ちぢみほうれん草は食べやすい大きさに切る。
2.厚手の鍋に①を入れ、エクストラバージンオリーブオイルを回しかける。粗塩をふり、ふたをして火にかける。火が通ったら皿に盛り、パルミジャーノを削る。
2021年1月27日(水)

「料理研究舎リンネ」のポンポンフレーク。
う~んこの見た目、確かにポンポンって感じです。

最近ちょっと疲れていて、リンネごはんが恋しいです。
とはいえいつでも食べに行けるわけではないので、九州の食卓のバックナンバーのリンネさんのレシピで料理をしようと思います。

*今日のおすすめ商品

「料理研究舎リンネの四季のお弁当」掲載
|九州の食卓2017年春号|

|九州の食卓2017年夏号|

|九州の食卓2017年秋号|

|九州の食卓2017年冬号|

2021年1月26日(火)

大人の事情でパンばっかり食べています。
そもそもがご飯党なので、こんなにパンを続けているのは生まれて初めて。
不思議なもので毎日パンを食べているとパン党に鞍替えしそうになってきます。

今日はツナと高菜の新漬け、マヨネーズを混ぜ、オープンサンドを作ってみました。
たまたま冷蔵庫にあった組み合わせなのですが、高菜の酸味とマヨネーズはなかなか合います
半熟の目玉焼きをのせたらカフェのメニューにありそうな感じになりました。
2021年1月25日(月)

いただきもののエシレ サブレグラッセ。
サックサクでホロッホロ。
意外にも甘さは控えめで、ほんのりと塩気を感じます。
何より、鼻に抜けるバターの香りが濃い!
ブルジョワ気分を味わえます。
パッケージの缶も可愛いくて、完食したら何に使おうかと考えるのも楽しい。
やっぱりデザインって大切です。
2021年1月24日(日)

水切りヨーグルトでフルーツサンドができないか。
そんなことを考えて、色々と試しています。
今日ははちみつでマリネした不知火をのせてみましたが、ヨーグルトの酸味と不知火の酸味がいまいち合わないような。
いちごの方が相性がよさそうです。

ところで、今の今まで知りませんでした。
柑橘って、すごく撮影しにくいんですね。
色々と頑張ってはみましたが、私の腕ではこれが限界です。

*今日のおすすめ商品

細川亜衣さんのサンドイッチレシピ
|九州の食卓2016年春号|
2021年1月23日(土)

先日、五木村で買った「山うに豆腐」。
うにのような、豆腐のような、味噌のような…。
卵かけごはんにのせてもおいしいそうです。

今日は1日南阿蘇村で取材でした。
雨天で運転はしにくかったけれど、しっとりとした山々がとても美しかったです。
2021年1月22日(金)

直売所で大豆の新豆を買っていたことを思い出し、水煮にしました。
約400g分の煮豆ができたので、200gは汁ごと冷凍して、残りの200gはチリビーンズっぽく調理してみました。
みじん切りのにんにく、たまねぎを油で炒めて、香りが立ったら豚ひき肉と細切りのベーコンを加えてさらに炒めます。
肉の色が変わったらチリパウダーとクミンパウダーをパパッとふって、大豆の水煮を入れてざっと混ぜます。
トマトの水煮を加えて大豆が温まる程度に煮たら、塩としょうゆで味付けしてでき上がり。
適当に作ったらとてもおいしくて、分量を計っておけばよかったと後悔しています。
計量せずに作った方ができが良いのはなぜなのでしょう。
2021年1月21日(木)

山江村の取材に行った時に、「栗んとう」というお菓子を買ってみました。
栗が練り込まれた、薄くて平たいかりんとうです。
ひと口目は甘さが足りないかもと思いますが、この味加減がキモのようです。
ぽりぽりかじっているとちょうどよい甘さに感じて、次々に手がのびます。
そして気づくとひと袋食べてしまっているという恐ろしいお菓子です。
2021年1月20日(水)

広沢京子さんのレシピで「里芋とアンチョビのマッシュ」。
無心で食べてしまいます。

じゃがいもが好きですが、同じくらい里芋も好きです。
塩味のだしで多めに煮て、2日目は片栗粉をまぶして揚げるのがいつもの流れ。
里芋のコロッケも好きですが、パン粉をまぶす作業が面倒なのであまり作りません。
2021年1月19日(火)

先週から取材が続いていて、体が疲れているのを自分でも感じます。
こんな時こそしっかり食事を取らなければ!
野菜もたくさん食べるぞ~っとグリーンサラダを作りました。
このところドレッシンではなく、オリーブオイルと塩で食べるのにはまっています。
2021年1月18日(月)

取材が詰まっていて帰りが遅くなりそう…。
と分かっていたので、スパゲティサラダを作っておきました。
とりあえず食べられる何かがあると夕飯作りのストレスが軽減されるからです。
具は色々と試して、ロースハム、ゆで卵、塩もみきゅうり、コーンに落ち着きました。
幼い頃に給食で食べた味を無意識のうちに求めているのかもしれません。
2021年1月17日(日)

牛深産のうにでペペロンチーノ。
クリーム系と迷いましたが、そもそもオイル系のパスタの方が好きなのでペペロンチーノに。
いつも通りにペペロンチーノを作り、オイルでのばしたうにを加えてざっと混ぜます。
器に盛って、生うにをよいしょっとトッピングして完成です。

今朝方、すごく幸せな夢をみました。
目覚めた瞬間、自分が満面の笑みを浮かべていることに気づくほどでした。
しかし、夢の内容を全く思い出せません。
何がそんなに幸せだったのでしょうか。
2021年1月16日(土)

レシピ用の試作をしていると、半端な量の野菜が余りがちです。
自宅用の料理はだいたい目分量で作るので野菜を使い切れるように調節しやすいのですが、分量を出す場合はそうもいかないからです。
そこで、いろいろなはじっこ野菜でスープを作りました。
たまねぎやにんじん、じゃがいも、トマト、キャベツ…。
角切りだったり千切りだったり、あるいは潰していたりとごちゃまぜですが、これがなかなかいい感じ。
見た目は散らかっていますが、いろいろな食感が楽しめておいしかったです。
2021年1月15日(金)

「you+youくまもと農畜産物市場」で販売している牛深産粒うにの瓶詰め。
ひと瓶1800円くらいなのですが、2人分のうに丼が作れるくらいの量が入っているので、外食すると思えば安いかも?
そんな言い訳をしながら、見つけた時には買っています。

ずいぶん日が長くなって、17時をすぎてもまだまだ明るい!
ただそれだけで気分が明るくなって、頑張ろうって気になります。
やっぱり太陽の光って大切です。
2021年1月14日(木)

いただきものの美貴もなか。
薄い最中にあんこがどっさり詰まっていますが、甘すぎないのでぺろりといけます。
昔はあんこが好きではなかったのに、近ごろはチョコレートよりもあんこ派に傾きつつあります。

美貴もなかについては店長も2019年1月23日の日記で語っていました。

*今日のおすすめ記事

セレクトショップ店長日記
|2019年1月,2018年12月|
2021年1月13日(水)

昨日は取材先に向かう山道で車がスリップ!
途中までは雪も溶けていて問題なく走行できていたのに、カーブに差し掛かった部分から路面が凍結していたのです。
後続車もスリップし始めて、運転してくれていたカメラマンと「・・・・・・(言葉にならない不安感)」。
冷や汗をかきながらなんとか下山しました。
午前中の取材は日程を再設定することにして、午後からはまた別の取材へ。
身も心もほとほと疲れるとはこのことで、帰宅して泥のように眠りました。
今年は例年にない積雪で、取材もなかなかスムーズにはいかないようです。

今日もなかなか疲れが抜けず、食欲もなかったので、お粥を炊きました。
半熟の予定だったのにボーっとしていたら固茹でになってしまった卵と、刻んだ芹をのせています。
2021年1月12日(火)

今日は人吉・球磨エリアの取材でうろちょろと。
雪が気になりますが、連休中と比べると少し気温が上がったので大丈夫でしょうか。
お昼の時間を取ってはいるけれど、交通事情でお昼抜きになるかも…。
と思ったので、簡単に食べて行くことにしました。
ベーグルは「ブロートハオス」のチョコバナナです。
2021年1月11日(月)

まだまだあったお正月の名残。
水道町の「DECORARE」で買ったチーズ盛り合わせが余っていたのでした。
最近買ったばかりのプレートに並べてみたら、すごくかわいい…。
並べただけなのに…。
ただ並べただけなのに…。
やっぱり器ってすごいなぁと思います。
このプレートは熊本の陶芸家・齊藤博之さんのものです。
2021年1月10日(日)

生牡蠣が大好物です。
しかし立て続けにあたって以来、もう10年近く食べていません。
料理店のメニューで「牡蠣」という文字を目にするだけでお腹がキュルッとなるけれど、でもやっぱり食べたい…。
この時期は魚屋にも殻付きの生牡蠣が並んでいるので自分との葛藤が続きます。
そして今日、もうどうにも我慢ができなくなり、殻付きの生牡蠣を2000円分買いました。
来週も取材が詰まっているので酒蒸しにして一応火を通して、レモンをキュッ。
あ~やっぱりおいしい~~~~~!
来年は生牡蠣のために1週間ほど休暇を取ってもいいかもしれないなと思いました(もしまたあたった時のために)。
2021年1月9日(土)

NHK「365日の献立日記」の録画を見ていたらドーナツが食べたくなりました。
早速手作りで…といきたいところですが、一人分を揚げるのもねぇと思ったのでミスタードーナツで買っちゃいました。

ドーナツを食べると、「hodagi」さんを思い出します。
食事の後に、揚げたてのドーナツを出してくださっていたのですが、これがおいしくて!
お野菜をたっぷり使った料理もしみじみ味わいたくなるものでした。
平成29年7月北部豪雨災害で大きな被害を受けられ、残念ながら現在は営業されていないそうです。
それでもまたいつかと思っています。

*今日のおすすめ商品

「hodagi」ほか、九州の料理店をご紹介
|九州の食卓2016年冬号|
2021年1月8日(金)

今日のおやつは胡麻団子。
3つじゃ足りない!
10個くらい食べたい!
ケーキよりも胡麻団子の方が好きです。

午後から取材で植木町へ行ったら雪が降っていました。
同じ熊本市内なのにここまで違うのかと思うほどの降りっぷり。
阿蘇五岳の方を眺めたら冠雪していていました。
こんなに雪が振る冬は、一体何年ぶりでしょうか。
2021年1月7日(木)

今日は1月7日!
七草粥を食べる日です。
しかしすっかり忘れていました。
街で用事があり、紅蘭亭の前を通ったら「お粥無料サービス」の文字。
朝から毎年恒例の振る舞いがあっていたそうです。
残念ながらすでに終了していましたが、おかげで七草粥のことを思い出しました。
夕飯はカレーを支度済みだったので、気分だけでもとランチで皮蛋粥を食べることにしました。
鑑真食堂でテイクアウトしたものです。
やっぱりお粥はおいしい~。


*今日のおすすめ記事

きょうのキキ
|風邪の日のぽかぽかおかゆ|
2021年1月6日(水)

栗きんとんのトッピング、の余りの渋皮煮。
手間がかかった分だけおいしいものができるんだなぁと、渋皮煮を食べるたびにしみじみと思います。
そして、誰か作ってくれないかなぁ、とも思います。

今日は朝からとても寒くて、それなのに明日はもっと寒いそうです。
時間が空いたら凍結した古閑の滝を撮影に行きたいけれど、いつまで凍っているでしょうか。
2021年1月5日(火)

おせちの名残を消化中です。

れんこんの塩きんぴら
1.れんこんは薄い輪切りにする。
2.フライパンに菜たね油と鷹の爪を熱し、①を炒める。全体に火が通ったら塩で味を調える。

好みで炒りごまをふったり、もみのりを散らしてもおいしいです。

今日、年末以来久しぶりに仕事で10件ほど電話をかけました。
久しぶりで緊張しすぎて、口が全くまめりませんでした。

2021年1月4日(月)

3が日を過ぎましたが…。
お正月気分をちょっとだけ延長したくて炊き合わせを食べました。
こんにゃくとしいたけ、ごぼう、鶏もも肉は濃口に、れんこん、にんじん、里芋は薄口に仕上げています。
野菜の飾り切りは面倒ですがいざやり始めると夢中になれるので、何だかんだで好きな作業です。
2021年1月3日(日)

まだまだお正月気分でいたい…。
わっぱのお重をワンプレートに見立てて、おせちっぽく料理を盛り付けてみました。
なます、きんとん、板わさ、れんこんの塩きんぴら、白花豆のマリネ、だし巻き卵。
中身はふだんの食事内容と大差ありませんが、わっぱに並べるとなんとなくお正月っぽいような?
無理してあれこれ作るよりも自分らしくていいかなっと思います。
2021年1月2日(土)

熊本では年の瀬からスーパーに辛子れんこんが大量に並ぶのですね。
それも複数のお店のものがそろっているので、どれを買うか悩みました。

2020年に取材で訪ねた「豊作市場」の辛子れんこんはおいしかった!
地元産のれんこんに、これまた地元の麦味噌を詰めて店内で揚げていて、辛子がよく効いていました。
夏の水害で大きな被害を受けられたと聞き、その後どうされているのか気になっています。
暖かくなったら様子を伺いに行ってみようと思います。
2021年1月1日(金)

よくよく考えてみると、お雑煮を作ったことが一度もありませんでした。
年始は帰省していたので誰かが作ってくれたお雑煮をひたすら食べるだけ。
では、自分なりのお雑煮はどんなものにしようか?
う~ん、う~んと考えているうちに元日を迎えてしまったので、いつもの吸い物にお餅をプラスしただけのものになってしまいました。
だしはいりこと昆布。
型抜きしたにんじんで少しだけお正月気分です。