食べたものを毎日記録する、ただそれだけのコーナー。


記録している人=三星舞
熊本在住の編集者、ライター。時々フードコーディネーター。ドラマ「半沢直樹」にどっぷりとはまり、自宅で半沢直樹&大和田常務ごっこに興じています。「th」の発音がなかなか難しく練習中です。

2020年11月23日(月)

今日の訪問先への手土産に選んだのは「香梅」のふた口最中。
わりと日持ちがして、でも長期保存が効くものではなく少しフレッシュさもあるもの。
おおげさでなく、気軽に食べていただけるもの。
ということで、さっくり最中と、しっとりつぶあんの組み合わせのふた口最中にしました。
最中種には菊池産の餅米を使用しているそう。
お店の方の説明を聞いていたら自分も食べたくなり、追加で買っちゃいました。
2020年11月22日(日)

ほうれん草のポタージュ、ふたたび。
ペーストにして冷凍しておいたので、すぐに完成して楽チンです。
あとは、しらすと明太子のスパゲティ、ひよこ豆のサラダなど。
しらすと明太子のスパゲティは、夫が地元のレストランでよく食べていたメニューです。
その味に近づけるために、これまで何回作らされた…いえ、作ったのか。
1年に10回以上は作っているので、単純に計算しても100回以上は作っています。
2020年11月21日(土)

菊池市の台湾料理店『SUMI』でイベント「你好我好」が開催されるというので行ってきました。
店内には台湾の雑貨や衣類がぎっしりと並べられていて、台湾旅行を思い出しました。
いつか欲しいと思っていた木製便當箱(弁当箱)があったので買っちゃいました。
それからグラスに、湯呑み、茶葉などいろいろと。
昔からお世話になっているデザイン会社『apuaroot』のZINE「台北美食迷」も!
完売したと思い込んでいたので、買えて嬉しかった~。
イベントは23日(月・祝)までの開催です。

というわけで、今日のおやつは温かい豆花。
ここ最近は白色をバックに写真を撮るというのをマイルールにしていましたが今日は特別ということで…。
2020年11月20日(金)

今日は朝から打ち合わせでした。
初めてお会いする方に囲まれ、人見知りの私はド緊張の超挙動不審人物に…。
何とか終えることができてホッとしたら、甘いものが食べたくなりました。
午後からは自宅で別件が入っていたので、11月19日からプレオープン中の「お菓子屋つむぐ」へ急行。
可愛いお店に可愛いオーナーさん。
ショーケースのものを全部といいたい気持ちを抑え、選んだのは「みかんタルト 」。
もう一目見れば分かります。文句なしにおいしいということが。
また一つ好きなお店が増えてとても嬉しい!
2020年11月19日(木)

ここ数日は市内の取材が続いていて、健康のために現場まで自転車で行くようにしています。
今日も張り切って自転車を漕いでいたら、予定よりも時間がかかってしまって大焦り!
遅刻するわけにはいかないので、常識の範囲内で速漕ぎしました。
よりによって今日は夏日のような暑さで、取材先までは登り坂。
というわけで、到着するころには汗ダラダラになっていました。
たった4kmの距離が遠く感じたできごとでした。

取材を終えてまた4km自転車を漕ぎ、ずんだだんごでエネルギーチャージ。
自転車で消費したカロリーがこれでパァだなぁと思ったら何とも言えない気分になりました。
2020年11月18日(水)

ふらりと立ち寄ったスーパーで「新潟から来ました! もちもちのお団子です!」との声。
どれどれと近寄ってみたら、大ぶりのまんまるな串団子がずらりと並んでいます。
この光景に抗うことができるわけがありません。
常温で2日持つそうなので、2本買って、2日分のおやつにすることに。
今日は「よもぎあんこ」です。
あんこがどっさりのっています。
2020年11月17日(火)

細川亜衣さんのレシピで「白いんげん豆にオイル」。
旧姓の米沢亜衣さん名義の著書『イタリア料理の本』に掲載されています。

亜衣さんのレシピはほんとうに不思議です。
これだけ?という調理法で、こんなに?というくらいおいしくできます。
2020年11月16日(月)

なんだか今月はポタージュばかり作っています。
今日はほうれん草とたまねぎ。
4食分くらいの量をペーストにして、2食は冷凍保存。
次回は食べたい時に解凍して、豆乳か牛乳でのばせばすぐに作ることができます。

先日、ちょっとかための取材があったので、すごく久しぶりにパンプスを履きました。
ふだんはヒールのない靴ばかり履いているのでパンプスの歩き方が思い出せず、酔っ払いみたいな足取りになってしまいました。
そのことを思い出し、恥ずかしい気持ちでポタージュを食べました…。
2020年11月15日(日)

余った焼きいもで何か料理を…。
悩んだ結果、ポテトサラダ風にすることにしました。

焼きいもサラダ
1.焼きいもは皮をむき、マッシュする。
2.紫たまねぎはできるだけ薄くスライスし、水にさらす。布巾などで包み、水気を絞る。
3.ボウルに①と②を入れ、マヨネーズと塩少々を加えてあえる。皿に盛り、ドライパセリを振る。

マヨネーズは松田の辛口を使っています。
キューピーのマヨネーズよりも酸味が穏やかな気がします。

2020年11月14日(土)

直売所でおすすめされてつい買ってしまった焼きいも。
さつまいもがあまり好きではないので、自分からすすんで買うことはありません。
しかし、この焼きいもはおいしかった!
ホクホク系で、とても甘~い。
わんこたちと分け合っても、半分で十分の満足感。
残り半分は何か料理に使ってみようと思います。
2020年11月13日(金)

失敗しました。
慣れないかぼちゃの煮物を作ったら、水っぽくていまいちな仕上がり…。

そもそもかぼちゃも煮物も好きではないのに、なぜチャレンジしたのか。
今から10年ほど前に取材した宮崎県・綾町『古嶋』さんの、かぼちゃのいとこ煮を思い出したからです。
ほの甘く煮たホクホクのかぼちゃと、ほろほろの小豆。
すごくおいしかったなぁ~食べたいなぁ~と思って作ってみたら、なんだか全然違うものができあがりました。
*今日のおすすめ商品
『古嶋』さんを紹介した号
|九州の食卓2011年秋号|
 
2020年11月12日(木)

今日は入稿の都合で一日自宅待機だったので、作業の合間におでんを作りました。
すじ肉とだいこん、卵は昨晩に下ごしらえをしておいたので、あとは他の具材とだし汁で煮込んでいくだけ。
煮崩れしにくいもの、味が染み込みにくいものから順に入れ、煮たったら余熱で味を含ませて…の繰り返し。
丸一日自宅にいられる日でないと作れないので、ちょうどよかった!
たっぷり多めに作って、明日も食べる予定。
ちなみに2日目は、洋風焼きおでんにアレンジします。
2020年11月11日(水)

なんだか緑色の野菜が食べたくなったので、ほうれん草をあえものにしました。
味噌汁用に取っていただしがあったので、あえごろもはだし汁としょうゆ、すりごま、クラッシュアーモンド。
シンプルだけど、シンプルだからおいしい。

そういえば、昨日は小国町で車の鍵をなくしたのでした。
1時間ほどかけて一帯の写真撮影をして、さて次の撮影スポットへ~と思った時に鍵がないことに気付きました。
服のポケットにもカバンの中にもどこにもありません。
嘘でしょ…1時間かけて歩いた道を戻って探さなきゃいけないの…?
小国町で野宿するわけにもいかないので、途方に暮れながら地面を見つめてウロウロすること30分。
観光客の方が「お姉さん、鍵を落としていない?」と私の車の鍵を持って声をかけてくださいました!
泣きそうなくらい嬉しかったです。
それに、まだお姉さんと呼んでもらえるだなんて!!!!
ダブルで感激した一日でした。
…というのを、今日また車の鍵を紛失しかけて思い出しました。
私の脳みそは全く学習していないようです。
2020年11月10日(火)

昨日はインゲン、今日はカリフラワー。
寒くなるとポタージュを作る回数が増えます。
簡単だし、野菜をたっぷり食べられるし、体はポカポカになる。
さらに、手が込んだ料理と思ってもらえる。
ポタージュはいいことだらけです。

*今日のおすすめ商品
だいこんと生姜のスープ(ポタージュ)レシピ掲載
|九州の食卓2013年冬号|
 
2020年11月9日(月)

夕飯は煮込みハンバーグと決めていて、付け合わせはにんじんとブロッコリーのグラッセなど。
あと一品何かほしいなあ~と思い、冷蔵庫をがさごそしていてひらめきました。
さやいんげんをポタージュにしてみよう、と。

ポタージュの作り方はいつもと同じ。
野菜を蒸し煮して、やわらかくなったらバーミックスで攪拌し、豆乳か牛乳でのばす。
味付けは塩だけ。
さやいんげんをポタージュにしたのは初めてですが、これはなかなか!
煮込みハンバーグをデミグラス系にしていたので、さやいんげんの甘く青い香りが箸休めのような役割に。
冷製でもきっとおいしいと思います。
2020年11月8日(日)

バタバタと忙しい一日。
朝食も昼食も食べ逃し、夕方4時から夕飯を食べ始めました。
刺身とブロッコリースプラウトのマリネ、汲み上げ湯葉、それから最後に鴨南蛮蕎麦。
手早く作れる料理で済ませた簡単な献立でしたが、空腹のせいかすごーーくおいしく感じました。
2020年11月7日(土)

干しだいこんを梅干しと薄口しょうゆであえた小鉢。
昨日からなんだか干したものばかり食べているような…。

今日は一日雨でした。
日差しがなく、どんよりとしていると気分も落ち込みます。
そしてこんな日は原稿が進みません。
2020年11月6日(金)

二酸化硫黄不使用のあんぽ柿が売られていたので迷わず買いました。
3つ入りで500円くらい。
2つはそのままおやつに、1つはなますにしました。

干し柿とだいこんのなます
1.だいこんは皮をむいて千切りにするか、スライサーで細切りにする。ボウルに入れ、塩少々で軽くもんで10分ほど置く。
2.干し柿はヘタと種を取り除き、千切りにする。
3.①のだいこんを軽く水洗いし、水気をしっかりと絞る。
4.ボウルに②と③を入れる。柚子の果汁を搾り、全体を混ぜる。味をみて、物足りなければきび砂糖で味を調える。

あんぽ柿はすごく甘いので砂糖はいらないと思いますが、そこはお好みで。
柚子もたくさん出ているので、米酢ではなく柚子の搾りたての果汁を使うのがおすすめです。

2020年11月5日(木)

朝3時頃まで起きていたのに、6時起床で八代へ。
朝早いと分かっているのにどうして夜更かししてしまったのか…。
取材後も自宅で作業が山積みだったので、気合いを入れようと『オ・ボン・マルシェ』でシュークリームを買いました。
シュークリームって地味だし安いけど、すごくおいしいと思います。
2020年11月4日(水)

今朝はとても寒くて、リビングで犬を抱きしめて暖をとっているうちにウトウト…。
危うく二度寝するところでした。

寒いのは苦手ですが、冬野菜がどんどんおいしくなるのは嬉しいところ。
今では年中買えるほうれん草も、夏と冬では甘さが全く違います。
今日は、ほうれん草のおひたしを作りました。
『料理研究舎リンネ』のEさんに教えていただいた醤油洗いが味の決め手。
野菜料理がおいしくできると嬉しくなります。
2020年11月3日(火)

秋映をバターでソテーして、トーストにのせました。
これは数年前、『kinon』のKさん宅でいただいておいしかった食べ方。
仕上げに蜂蜜をかけて完成…なのですが、消費期限ギリギリのカッテージチーズがあったのでチーズのせにしました。
2020年11月2日(月)

11月に入り、スーパーに並ぶりんごの種類が充実してきました!
ふじ、ジョナゴールド、むつ…。
シャキシャキした食感で、酸味のあるりんごが好きなので、紅玉がほしいのですが、毎年一瞬だけしか市場に並ばないので食べそびれることもしばしば。

今日は秋映を買って、にんじんとサラダにしました。
細くスライスして、塩とゆずの搾り汁、オリーブオイルであえています。
チーズとよく合うあっさり味です。
2020年11月1日(日)

宮崎生まれだからなのか、関係ないのか。
ういろうが好きです。
よく言えばあっさり、悪くいうと味気ない、あのもちもちふにゃふにゃした和菓子。
日持ちがしないので、宮崎を離れてからは食べる機会がめっきり減りました。
しかし先日、福岡の三越の催事で『本多屋』のういろうなるものを発見。
黒糖、抹茶、栗の3種類があったので栗を買ってみました。
なんだか宮崎のういろうよりもお上品なような?
食べ切りサイズなのも嬉しい!