春から初夏にかけて旬を迎えるグリーンピース。
さやから出したての新鮮な豆は香りも味も抜群!
鍋でご飯を炊く際のポイントも紹介します。
料理制作=かるべけいこ 写真=野中元 構成=三星舞


かるべけいこさん 自然食料理家。1969年、福岡県生まれ。食の自給を目指し、1994年に夫で写真家の野中元さんと熊本県南阿蘇村へ移住。料理講師としても活躍している。


 豆ご飯の味は、豆の鮮度で決まります。缶詰のグリーンピースを使えば手軽ですが、さやから出したての新鮮な豆は香りと甘みが濃く、豆ご飯が格別のおいしさに仕上がるのでぜひ試してほしい! 乾燥を防ぐために、むいたそばから鍋に入れましょう。 今回は、鍋で炊飯する方法を紹介します。炊飯器よりも短時間で炊けるので、時間の経過による豆の色あせを防ぐことができます。注意してほしいのは塩のタイミング。必ず浸水させた後の米に加えてください。給水前に塩を入れてしまうと、炊き上がりのご飯がベタついたり、芯が残ることがあります。 (かるべけいこ)


材料 /4人分
米 2合
水 約400㎖
昆布(5×5cm角) 1枚
酒 大さじ1
グリーンピース 食べたい分だけ
塩 小さじ1


(主な道具) ボウル、鍋、しゃもじ


(分量について) 調味料の種類やその日の気温などによって仕上がりの味は変わるため、レシピには必要な分量のみ記載しています。味見のポイントごとに確認し、その都度好みの味に調整してください。



1.ボウルに米と水を入れて30分ほど置く。

〔ポイント〕水は1合に200㎖が目安。後で酒大さじ1を加えるので、水を大さじ1分減らしておくとよい。

2.①に昆布1枚をのせ、酒大さじ1を加える。

3.グリーンピースはさやから豆を出し、その都度②の鍋に入れていく。

4.③の鍋に塩を加えて混ぜ溶かす。

〔味見!〕塩の量は、米2合で小さじ1程度。炊く米の量に合わせて、うっすら塩味を感じる程度に味付けする。

5.鍋を火にかける。火加減は、鍋底から炎がはみ出ない程度にしておく。

6.
沸騰し始めたらとろ火にして8分加熱する。

〔ポイント〕加熱中に吹きこぼれそうになったら、蓋を一瞬軽く持ち上げて。新しい空気を入れることで吹きこぼれを防ぐ。

7.火を止めて8分蒸らしてから、天地返しをする。

〔できあがり〕温かいうちに茶碗によそう。