お惣菜で買うのもいいけれど、自宅で味わう揚げたてのメンチカツは格別な味! サクサク、ジューシーな仕上がりで、手作りする甲斐があるおいしさです。
料理制作=かるべけいこ 写真=野中元 構成=三星舞


かるべけいこさん 自然食料理家。1969年、福岡県生まれ。食の自給を目指し、1994年に夫で写真家の野中元さんと熊本県南阿蘇村へ移住。料理講師としても活躍している。


  メンチカツのレシピには刻んだキャベツやにんじんを入れるものもありますが、私は合い挽き肉と玉ねぎのみ。そこに砕いた麩をプラスしています。麩は肉の脂をたっぷり吸ってくれるので、揚げた時にジューシーな仕上がりになります。メンチカツは面倒な料理と思われがちですが、実は材料も工程もそう多くありません。だからこそ、玉ねぎをじっくりと炒めて甘みを引き出すなど、ポイントを抑えて作りましょう。ご飯やお弁当のおかずのほか、食べ盛りのお子さんのおやつにするのもいいですね。(かるべけいこ)


材料 /15個
玉ねぎ/ 1玉
菜たね油/適量
塩/適量
合い挽き肉/400g
ナツメグ/お好みで
ブラックペッパー /お好みで
麩 /ひとつかみ
卵/ 1個
薄力粉 /適量
パン粉/適量
揚げ油/適量


(主な道具) 包丁、まな板、フライパン、バット、ボウル、揚げ鍋


(分量について) 調味料の種類やその日の気温などによって仕上がりの味は変わるため、レシピには必要な分量のみ記載しています。味見のポイントごとに確認し、その都度好みの味に調整してください。



1.玉ねぎはみじん切りにする。


POINT.芯も捨てずに刻んで使う。


2.フライパンに菜たね油を熱し、①の玉ねぎを入れる。塩小さじ1/4を振り、飴色になるまで炒める。


POINT.塩を振って炒めることで玉ねぎの甘みを引き出すことができ、水分も出やすくなるので早く飴色になる。


POINT.初めは強火、水分が減り始めたら弱火で炒める。玉ねぎは平らに広げ、混ぜすぎない方が炒め時間が短く済む。


3.炒め終わった玉ねぎはバットに移し、冷ましておく。


4.ボウルに合い挽き肉とナツメグ、ブラックペッパーを入れ、粘りが出るまで手でこねる。


5.④のボウルに、③の玉ねぎと、塩小さじ1/2を入れる。


6.⑤のボウルに麩を手で砕きながら加え、空気を抜くようにしてこねる。


7.⑥に溶き卵を加え、ひとかたまりになるまでこねる。


POINT.ボウルの内側に肉からにじみ出た脂がうっすらと付いていれば、こね終わりのサイン。


8.⑦を直径5cm程度の平らな円形に丸める。


POINT.丸める時にしっかりと空気を抜いておくと、加熱した時の崩れを防ぐことができる。


9.薄力粉を水で溶いておく。指にうっすらとまとわりつく程度のゆるさにしておくと扱いやすい。


10.⑧の種を⑨の水溶き薄力粉にくぐらせて、パン粉をまぶす。


11.揚げ油を160度くらいの低めに熱し、⑩をこんがりと揚げる。


POINT.上手に揚げるには、油の温度を一定に保つのがコツ。揚げ終わったものを取り出すごとに、新しいものを油に入れると、温度をキープしやすい。


できあがり.衣がきつね色に色付き、種に火が通れば完成。