食べたものを毎日記録する、ただそれだけのコーナー。


記録している人=三星舞
熊本在住の編集者、ライター。時々フードコーディネーター。2020年は人とのつながりがぐ~んと広がった一年でした。超インドア派&人見知りしまくりの私にしては、自分でもびっくりの大成長です。

2020年12月31日(木)

やっと仕事納め!
ついでに確定申告用の書類も揃え終わり、昨日とは打って変わって余裕綽々です。
今日からちょっとずつお正月用の料理を作ります。
元日は購入したおせちで楽しちゃって、2日から手作りの料理をちびちびと。

赤だいこんの甘酢漬け
1.赤大根1/2本を用意する。半量は皮ごといちょう切りにして、残りは好みの抜き型で抜く。
2.ゆず1個の果汁を絞り、1/4個分の皮をむいて千切りにする。
3.計量カップに②のゆず果汁を入れ、100mlになるまで米酢を足す。鍋に入れ、てんさい糖大さじ5と塩小さじ1/2を加えてひと煮立ちさせる。粗熱を取る。
4.清潔な密閉瓶に①を詰め、③を流し入れる。②のゆず皮を散らし、ひと晩おく。

甘酢漬けは青首だいこんやかぶで作ってもおいしいけれど、赤だいこんを使うとほんのりピンク色に仕上がるところがかわいいと思います。

2020年12月30日(水)

あまり好きではないけど、夫がよく買ってくるので時々食べるなまこ。
たこもいかもナタデココも好きなのに、なぜなまこは好きになれないのか。
自分でもよくわかりません。
ナタデココ味のなまこだったら好きになるのか、なまこ味のナタデココは好きになれないのか。
こんなことを考えている暇があるならさっさと原稿を書かなければ…。
2020年12月29日(火)

車海老のお刺し身を食べたら、頭は味噌汁に。
ふだんは麦味噌と米味噌をあわせて使いますが、車海老のお刺し身は九州の甘い麦味噌が合う気がします。
いよいよ2020年も残すところあと2日。
まだ仕事が終わっていなくてすごく焦っています…。
2020年12月28日(月)

お正月が近づくとソワソワしちゃいます。
生食用の車海老と出会える確率が高くなるからです。
昨年のこの時期に車海老が並んでいた魚屋へ行ってみたらビンゴ!
今年もお刺し身にしてもらいました。
たくさんはいらないけれど、ちょっとだけ食べると幸せな気分になります。
2020年12月27日(日)

ずっと気になっているのになかなか行く機会がない「licht coffee&cakes」。
結局今年中に行けなかったなぁと思っていたら、ドリップバッグをいただきました。やった~!
ブラックコーヒーを少しずつ飲めるようになって、味も分かるようになった…ような…???
いただいたのは、コスタリカのラ カンデリージャ マイクロミル フィンカ ラ カタラタ。
う~ん、絶対に覚えられません。
2020年12月26日(土)

お正月まで待てずに、うに!
海苔を巻いて食べるのが好きです。

今日はとってもいい天気。
絶好の大掃除日和です。
が、仕事がまだ終わっていないので午後からも原稿を書くことにします。
2020年12月25日(金)

今日はクリスマス。
しかしザーサイサラダが食べたくなったのでザーサイサラダを作りました。
チキンもケーキも気分じゃなくて、気分じゃないと作る意欲もわかないので仕方がない!

明日は一日こもって原稿書きの予定。
早く書き上げれば仕事おさめができるので、お昼寝の誘惑にまけないように頑張らねば…。
2020年12月24日(木)

実家から届いた「再来軒」のラーメンセット。
どんなクリスマスプレゼントより嬉しい!
これこれこの味~と独り言をいいながらラーメンランチを楽しみました。

世の中はクリスマスモードですが、近くの花屋はお正月のラインアップ。
少し気が早いけれど玄関に飾る蝋梅を買いました。
2020年12月23日(水)

みかんをたくさんいただきました。
毎日せっせと食べても追いつかないくらいの量なので、ぎゅぎゅ~っと搾ってフレッシュジュースに!
すごく甘いみかんで、ジュースもびっくりするくらいおいしい~。
ジョッキで飲みたいくらいです。
ただ、飲めば飲むほど喉がかわきます。
2020年12月22日(火)

先週末、何年かぶりにテールスープを作りました。

テールスープ
1.テールはぎゅっと押しながらしっかりと洗い、血を抜く。
2.①を大きめの鍋に入れる。ひたひたになるまで水を注ぎ、強火で炊く。沸騰したら煮汁を捨て、テールを押すようにして洗う。
3.②を鍋に戻し、ひたひたになるまで水を注ぐ。長ネギの青い部分としょうがスライス、にんにくを加え、強火にかける。沸騰したらふたをして、弱火で40分炊く。途中でアクが浮いたらその都度取り除く。
4.鍋の粗熱が取れたら冷蔵庫に移し、ひと晩置く。翌日、表面に浮いた脂を取り除き、ふたをして30分ほど煮る。塩で味を調える。

2日がかりで作るので、おいしいけれど腰が重くなる料理です。
たっぷり作ったのに、気付けば残りわずか。
白ごはんを入れておじやにしました。
白ねぎをのせて黒こしょうを挽けば、焼肉屋で締めを食べている気分になります。

2020年12月21日(月)

大学生の頃、肉屋さんのコロッケを時々買っておやつに食べていました。
アルバイト先の近くにある精肉店では揚げたての馬肉入りコロッケとメンチカツを販売していて、その誘惑の香りに抵抗できるわけもありません。
アルバイトの友人たちにはメンチカツが人気でしたが、私は馬肉入りコロッケ派。
粗めのザクザクパン粉をまとったほくほくのコロッケがおいしかったこと…。
そんなことをふと思い出したらコロッケが猛烈に食べたくなってしまったので近くのスーパーで買っちゃいました。
トースターでザクザクに温め直して、ソースをかけてぱくっ。
それにしても買ってくるコロッケって、どうしてちょっと甘いのでしょうか。
レシピを読んでみたい!
2020年12月20日(日)

家にこもって原稿を書かなければならなかった日。
私は日中に原稿作成するのがどうも苦手なようです。
筆が乗り始めるのは夕方からなので、夕飯の支度をギリギリまで遅らせたい!
今日は作り置きのひよこ豆サラダがあったので「とりあえずこれをどうぞ」と30分ほど時間をかせぐことができました。
2020年12月19日(土)

昨日熱く語ったパン屋「Tendrement(タンドルマン)」。
実は、パン・ド・ミも買っていました。
軽くトーストすると、小麦の香りがふわ~っと部屋中に漂って幸せな気分に。
昨晩の残りの野菜スープと、さわらのオイル煮と一緒に食べました。
2020年12月18日(金)

ずーっと気になっていたパン屋「Tendrement(タンドルマン)」。
おいしいと評判だけど自宅から車で30分ほど距離があり、パンに対する情熱がそれほどあるかといわれると…。
そこで、もし近くで取材があったらその時に寄ってみようと決めていました。
すると!
車で5分ほどの場所で取材の打診があったので、二つ返事で引き受けました。

念願叶ってお邪魔した店は何とも都会的な洗練されたデザイン。
でも、近所の方と思わしきおばあちゃんが杖をついてパンを買いに来られたりしていて、とてもいい雰囲気でした。
私が買ったのはクロワッサンです。
フランスで宿泊したホテルの朝食を思い出す大ぶりなサイズ感。
パリッパリのサックサクのモッチモチで、すごくおいしい…!
これですこれこれ。
フランスのクロワッサンはこんな感じでした。

「Tendrement」は車で30分かけてでも行く価値があると分かりました。
今度またクロワッサンを買ったら、たっぷりのカフェオレとカリカリベーコン、オレンジとバナナを用意して、思い出の朝食を再現したいと思います。
2020年12月17日(木)

近ごろは昼間の取材が多かったので気づかなかったのですが、今朝早くに外出したら震えるほど寒い…。
太陽がのぼった時間帯の服装でうっかり出てしまい、後悔しました。
帰宅後は昨晩作った筑前煮の温め直しをしつつ、火のそばで暖を取りました。
いい匂いがしてきたのでちょっと味見…。

これを書いていて気づきましたが、キヌサヤを添えるのを忘れていました。
せっかく塩茹でしておいたのに!
2020年12月16日(水)

近所のスーパーに鹿児島産の鰹がたたきで売っています。
炭火で焼いた後に急速冷凍して運んでいるそうです。
この鰹のたたき、人気がないのかよく売り場でぽつんと残っています。
しょうがや大葉、にんにくなど薬味をたっぷりのせるとおいしいのですが…。
でも、その薬味を用意するのがなかなか面倒ではあります。
だから敬遠されるのかもしれません。
2020年12月15日(火)

急に冷え込みが厳しくなってきました。
家の中にいれば暖かいのですが、とにかく外が寒い!
風が冷たくて、体がぎゅうっと縮こまります。
そんな時に食べたくなるのがぜんざい。
ちょうどレシピの確認が必要で昨晩作っておいたので、帰宅していそいそと温めました。
早く食べたくて気が急いていたのか、なんとお餅が破裂しました。
2020年12月14日(月)

ふだん朝ごはんは食べないことが多いのですが、今日はおむすびを作りました。
具は梅おかかで、豆腐とねぎの吸い物を添えただけの簡単朝食。
でも、ご飯におかず、汁物とたくさん食べた時よりも、何だか元気が出たような。
やっぱりおむすびにはパワーがあるのかも。


*今日のおすすめ商品

巻頭特集「秋のふかふかおむすび」
|九州の食卓2015年秋号|
2020年12月13日(日)

取材後に、試食ついでに昼食をごちそうになることがよくあります。
料理家の方が仕事以外で作る食事を食べられるなんて、なんという役得!
そんな時は台所にはいらせてもらって、洗い物を担当しつつ調理の様子を見せてもらうのが楽しみ。
なるほど、ふむふむと眺めて、自分でも再現してみることにしています。

「だいこんの高菜炒め」はKさんに作っていただいた撮影外メニュー。
料理名は私が勝手に付けたものだし、分量も完全なる予想ですが、なかなかいい線いっていると思います。
2020年12月12日(土)

スペアリブは塩麹で煮るのが好きなのですが、今回は甘辛く煮てみました。
フライパンで表面をこんがり焼いて、ゆでこぼしして、酒としょうゆ、砂糖、みりん、少しの酢でコトコト。
箸先でちょんっと触れただけで肉がほろっと崩れるくらいとろとろに煮えたらでき上がり。
『阿蘇さとう農園』の阿蘇タカナードを付けながら食べます。


*今日のおすすめ商品

阿蘇タカナード
2020年12月11日(金)

焼き芋と豆乳でポタージュスープ。
これはこれでおいしいけれど…甘すぎて食事には合わないかも…。
作った結果、焼き芋は焼き芋のままで食べる方が好みだと分かりました。

今日はわくわくする打ち合わせがあって、すでに2021年が楽しみ!
健康に留意して新年を迎えなければ。
2020年12月10日(木)

白菜が安い!
見るからにみずみずしくて、持ち上げるとずっしり。
先端のやわらかい葉の部分をサラダにして、中間部分は鍋やあえものに、茎の方は春雨や肉団子とスープにすることが多いです。
今日は中間部分をナムルにしました。
冬は白菜と大根に助けられます。


*今日のおすすめ商品

この号があれば、だいこんをまるまる一本余すところなく食べられます!
|九州の食卓2013年冬号|
2020年12月9日(水)

鯛が安かったのでマリネにしました。
青唐辛子を効かせた大人の味。
こういう時に赤たまねぎがあるとぐっと可愛く仕上がります。

今週はなんだかすごく忙しく、電話をかけることも多いため夕方には声が枯れてハスキーボイスになっています。
もしかして今なら宇多田ヒカルみたいに歌えるのかも…とこっそり挑んでみましたが、そう簡単な話ではありませんでした。
2020年12月8日(火)

昨晩、鍋に湯をわかし、日本酒を垂らし、ささみを入れて放置しておきました。
朝には余熱でしっとりささみのできあがり。
眠る前まではバンバンジーにしようと考えていたのですが、やっぱりザーサイサラダに変更。
何度食べても飽きません。

近所のスーパーで「たから農園」さんのパクチーが買えるようになりました。
茎がピンとしていて、刻むとザックザク音がする新鮮パクチーです。
2020年12月7日(月)

紫キャベツを1玉買って、1/2はザワークラウトを仕込みました。
残りをどうしようかとうんうん悩んで、寒かったのでポタージュにしてみることに。
すると魔女の食べ物のような代物ができあがりました。
味はおいしいけれど…すごい色…。
夫も、これは一体何のスープなんだと警戒していました。
小さめのカップに入れれば可愛く仕上がったのかもしれません。
2020年12月6日(日)

大切に取っておいた紅玉。
クリームチーズと合わせてみました。
紅玉特有の酸味がチーズと合う!
この見た目も好きです。
紅玉はまた来年までおあずけだと思うと、すごく名残惜しいです。
2020年12月5日(土)

先週カメラマンのUさんとフォカッチャ談義をして以来、ふと気づくとフォカッチャのことを考えています。
マイベストフォカッチャは、福岡の『SYM.』のもの。
コースの一品で出てくるのですが、外はサクッ、中はシュワッ。
いわゆる〝口溶けのよい生地〟で、何個でも食べられそうな軽さです。
ローズマリーの量と塩加減も絶妙で、本当においしい!

しかし気軽に県境をこえられない昨今なので、取材先の近くにパン屋があれば立ち寄ってみてフォカッチャを探しています。
どのお店もそれぞれ個性があっておいしいけれど、やっぱり『SYM.』のフォカッチャが恋しいです。
2020年12月4日(金)

また今日も豆を食べました。
白いんげん豆を水煮するときににんにくを1片入れて、ゆで上がったら塩とオリーブオイルであえます。
刻んだパセリを加えてざっと混ぜたらでき上がり。
豆あるあるですが、無心で食べる一品です。
2020年12月3日(木)

今年はよく豆を食べました。
小豆に大豆、グリーンピース、白いんげん豆…。
食卓の登場回数が一番多かったのは、ひよこ豆。
それもサラダがほとんどでした。
自分で言うのも何ですが、このひよこ豆のサラダは本当においしい。
もし食堂を開くことがあったら、このサラダを看板メニューにしたいです。
2020年12月2日(水)

長崎産本まぐろのカマが、パックにど~っさり入って500円。
これは買うしかないでしょう!
霜降りして、大鍋でエイヤッと煮付けにしました。
脂ののりがすごくて、普段は煮付けを食べない夫も私も無心でパクパク…。
冬の魚はおいしいな~。

今日やっと、1カ月間悩んでいた原稿が上がりました。
ふだんテキストを作成するのは早い方だと思いますが、なぜだかこの物件はなかなか進まず…。
他にも終わらせなければならないものがあったので、一旦寝かせたり、書けたところまで音読したり。
悩んだ分だけ仕上がった喜びが大きくて、なんだかスキップしたい気分です(ちょっとしました)。
2020年12月1日(火)

長崎産のさわらが魚屋でぽつんと残っていました。
さわらは身がパサつく印象があって、どうにも苦手です。
う~ん…どうしようかなぁ~と悩んで、結局買いました。
パサパサが嫌なのだから、対策としてコンフィにしてみたら、びっくりするくらい美味!
今日はそのまま食べて、残りはパスタやサラダに使う予定。
次にまたさわらを買ったらコンフィにします。

さわらのコンフィ
1.さわらは三枚におろし、身に塩をふって30分ほど置く。表面をキッチンペーパーなどで抑え、水気を取る。
2.厚手の鍋に①を並べ、ひたひたにになるまでオリーブオイルを注ぐ。潰したにんにくと月桂樹の葉を入れ、弱火で40分ほど煮る。粗熱を取り、オイルごと密閉瓶に移して保存する。